sensetime

HISTORY沿革

SenseTime Group:(G)  センスタイムジャパン:(J)

 

 

2001
(G)Xiaoou Tang教授 香港中文大学にMMLabを創立
2011
(G)世界に先駆けてコンピュータビジョンにディープラーニング技術を応用
2014
(G)SenseTime Group Limited 設立(10月)
2015
(G)IDGキャピタル主導により、シリーズAラウンドにて数千万ドルの資金を調達(11月)
2016
(J)SenseTime Groupの日本法人として、株式会社センスタイムジャパン設立(1月)
(J)東京オフィス開設(5月)
2017
(G)シリーズBラウンドで4億1000万米ドルを調達(7月)
2018
(J)宇都宮オフィス開設(1月)
(G)時価総額が45億米ドルを超え、世界で最も価値のあるAIユニコーン企業となる(5月)
(G)中華人民共和国国務院に属する行政部門である「中国科学技術部」より「国家次世代人工知能オープン・イノベーション・プラットフォーム」の構築を受託(9月)
(J)事業規模の拡大のため、東京オフィスを移転(11月)
2019
(J)茨城県常総市に専用テストコース「AI・自動運転パーク」開設(1月)
(J)人員増加による事務所拡張のため、京都ラボ開設(6月)
2020
(G)中国(上海)試験的自由貿易区に「新世代スーパーコンピューティングセンター」を設立(7月)
2021
(G)ユニバーサルAIインフラ「SenseCore」の提供を開始(7月)
(G)車載向けインテリジェントアプリケーションプラットフォーム「SenseAuto 絶影」を発表(7月)

AWARDS受賞歴・実績

  • 2021
  • CVPR2021チャレンジ部門でNo.1
  • CVPR2021のNew Trends in Image Restoration and Enhancement (NTIRE)部門の、Video Super-Resolution challenge、Quality Enhancement of Heavily Compressed Videos challenge (Track 1: Fixed QP, Fidelity)、Quality Enhancement of Heavily Compressed Videos challenge (Track 3: Fixed bit rate, Fidelity)という3つのチャレンジにおいて、1位を獲得しました。

 

  • 2020
  • 各学会における多数の論文採択実績を残す
  • CVPR2020で62件、ECCVで60件の論文を発表しました。

 

  • 2019
  • 論文採択数世界ランキング1位
  • 2019年のCVPRで62本、ICCVで57本の論文を発表し、世界ランキング1位を獲得しました。

 

  • 2016
  • ILSVRC2016の3部門で1位を獲得
  • 9月に行われたImagenetが主催する世界的に有名なコンペティションであるILSVRC2016の,Object Detection, Object Detection and Tracking, Scene Parsing3部門で第1位を獲得しました。

 

  • 2015
  • ILSVRC2015コンテストでNo.1
  • スタンフォード大学が毎年主催する有名なコンペティションのILSVRC(Imagenet Large Scale Visual Recognition Challenge)のビデオ部門で、センスタイム社がGoogle社を抑えて1位となりました。

  • 2014
  • 顔認識技術が人の能力を超える
  • 人による他人の顔の認識率は97%ですが、センスタイム社の顔認識技術はこの年初めてそれを超えました。