sensetime

緊急事態宣言解除を受けての弊社対応方針について

株式会社センスタイムジャパン(本社:京都府京都市中京区、代表取締役社長:勞 世竑)は、指定感染症「新型コロナウイルス感染症(COVID-19)」の感染拡大防止の取り組みとして、以下の通り状況に応じた適切な対応を検討・実施しておりました。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)対策のための対応について<追記による更新あり>
https://www.sensetime.jp/information_detail/20200228090002

当社は、緊急事態宣言の解除を受けて202061日よりオフィスにおける業務の一部を再開いたしましたが、引き続き、社内対策委員会の検討のもと、予防対策ガイドラインを踏まえた感染拡大防止のための対策を、下記の通り実施することをお知らせいたします。

■引き続き、在宅勤務を原則とする勤務体制を継続します。
■出勤が必要となる従業員に関しては、公共交通機関の混雑を回避するため時差出勤を推奨します。
■当社各拠点において、ソーシャルディスタンスを考慮するため出勤人数を抑制いたします。また、オフィス環境整備を強化し、安全な労働環境を提供します。
■会議及び打ち合わせにつきましては、引き続き原則オンラインでの実施といたします。
■不要不急の国内出張の自粛、海外出張の原則禁止、イベントや研修の実施/参加を自粛いたします。

※本対策についての終了日は現時点では未定となっております。

当社は「新しい生活様式」への対応に柔軟に取り組み、弊社従業員ならびに関係の皆様の安全確保を最優先して事業を推進してまいります。

関係者の皆様におかれましては、何卒ご理解を賜りますようお願い申し上げます。

新着情報