sensetime


Raccoon
らくらく開発

ローカル環境で使用可能な
AIコーディングアシスタント


機能

新しい開発パートナーRaccoon

最先端の自然言語処理技術を用いた
ソフトウェア・インテリジェント開発アシスタントです。
この革新的な製品は、統合開発環境(IDE)
プラグインの形態で提供され、あらゆる
開発シーンにおいてスマートアシストを実現します。

【主要機能と特長】
● 支援機能: 要件ドキュメント生成、コード生成、ソフトウェアテスト等開発プロセスを広くカバー。
● 言語対応: Python、Java、JavaScript、C++、Go、SQLなど、主流プログラミング言語に対応。
● IDE対応: VS Code、JetBrains、Android Studioなど、主流IDEとシームレスに連携。


データ
セキュリティ

ソースコードを守るRaccoon

SaaS形態である他社のコード生成AIでは、重要な資産であるソースコードをインターネットを介して
社外に送信する必要がありました。しかし、これによりセキュリティリスクが生じることも。

そこで登場するのが、アプライアンス形態のRaccoonサーバです。
Raccoonサーバは、サーバ内でAI処理を完結させるため、ソースコードの社外流出の心配が一切ありません。
最上級のデータセキュリティ環境を提供し、企業の重要な資産をしっかりと守ります。


パフォーマンス

GPT-4をも上回るRaccoon

コード生成と問題解決能力を評価する HumanEval ベンチマーク(zero shot)において、
GPT-4を上回る性能を発揮。

Raccoon 78.1%
GPT-4 74.4%

※上記は2024年4月時点における弊社検証によるものです。

Raccoonをオンラインで
体験することができます。

お申込みは2024年6月7日まで 
(先着100名様)

体験版はこちら

Raccoonに関するお問い合わせ先:raccoon-sales@sensetime.jp

機能一覧

開発フェーズ別機能

要件分析フェーズ 要件文書の生成
アーキテクチャ設計フェーズ 対話によるアーキテクチャ設計
コード作成フェーズ コード補完
コード生成
コード解釈
コード修正
コミットメッセージの生成
コードコレクション
対話型実行
ソフトウェアテストフェーズ テストケースの生成
導入のオンラインフェーズ 技術文書の生成
配備スクリプトの生成
システム保守フェーズ コードリファクタリング
コード変換
システム保守の推奨事項

その他の機能

パフォーマンスデータ解析 効能データ・レポート
運転維持監視レポート
その他 自由多重対話
多言語サポート
主要なIDEとの統合
プラグインの設定
プロンプトテンプレートの
カスタマイズ
アカウント管理

実践で役立つ
コーディングアシスタント

他人のコードの理解が一瞬で可能に ★★★
他人が書いた複雑なコードも、コード解釈・説明機能により、すぐに理解できます。
理解の助けだけでなく、パフォーマンスの向上提案や、より読みやすく信頼性の高いコードへのリファクタリングアドバイスも提供します。
レビューアの強い味方 ★★★
コードレビューがより効率的に。自社のコーディング規約に基づいたチェック機能を利用して、一貫性のあるコードを維持しましょう。
日本語による適切なコメント生成機能も備え、レビューがスムーズに進むよう支援します。
オフラインでも活躍 ★★
インターネット接続が不要。エラーコードの詳細説明や、コマンドオプションの解説など、デバッグや問題解決の際にも力強いサポートを提供します。
スマートなコード補完とテストケース生成 ★★
知識ベースによるコード自動補完で、コーディングを高速化。効率的に正確な単体テストケースも生成し、開発の品質と速度を向上させます。
レガシーコードも簡単変換
時代遅れのコードも新しい技術仕様に応じて簡単に置き換え可能。
旧システムからの移行もスムーズに。さらに、適切な新しいライブラリを用いたコード生成を通じて、アップデートのプロセスを支援します。